賃貸中か空家かで状況は変わる

不動産を所有している人の中には、自分では使わないので他の誰かに貸し出しているケースもあるはずです。ところが何らかの事情で貸し出している不動産物件を売却しないといけないケースも出てくる可能性はあります。その場合、賃貸中であるか空き部屋になっているかで状況は変わってきます。

 

賃貸中の状態で売却する場合、売主にとってはすぐに簡単に売却できるところがメリットだといえます。ただしこの場合、収益還元法という手法で価格設定を行います。そこで注目されるのが、どのような家賃で部屋を貸し出しているかです。もし安い家賃で貸し出している場合には、その家賃をベースにして判断されるので売却価格が安くなる恐れがあります。適性家賃に値上げするといっても、借主の同意を得るのは難しくなります。

 

もう一つ賃貸で借りている人が退室した後に売却する方法もあります。この場合、取引事例比較法といって過去に似たような物件の売買事例をベースにして判断します。この場合、安い家賃で貸し出している人は賃貸中と比較するとより高い価格で売却できます。また賃貸中と空き部屋になっている物件とでは、空き部屋になっている物件の方が買主の数が増えるケースが多いです。

 

ただしもし借りている人が出ていくまで待つとなると、それなりに売却するまでに時間がかかってしまいます。途中解約にして出す場合でも、違約金などの費用の発生する可能性があります。そもそも立ち退きに借主が応じてくれるかどうかの保証もありません。

 

賃貸中の物件を売却することを想定した準備をすべきです。具体的には、借主と良好な関係を保てば相手も事情を理解してくれやすくなります。

イエウール<br />

今すぐイエウールで一括査定をしてもらう

イエウール公式ホームページへ