売却したお金で一括返済をすれば問題なし

せっかく住宅ローンを組んでマイホームを購入したけれども、会社や家庭の事情などで引っ越ししないといけないというケースは出てきます。この時まだ住宅ローンの返済が完了していない段階で、マイホームを手放さぜるを得なくなる事態も十分想定できます。このような住宅ローンの残債のある段階で不動産売却できるのでしょうか?

 

結論からいうと、住宅ローンが残っている物件を売却することは可能です。ただし条件があって、残債を一括返済できれば、という点に注目です。もし住宅を売却して、その売ったお金で一括返済できれば問題ありません。

 

簡単に説明すると、1000万円の住宅ローンの残っている物件を2000万円で売却したとします。この時2000万円のうちの1000万円を住宅ローン返済に充て、残った1000万円を手にする形になります。本来はほかにも諸費用が掛かるのでもっと手元に残るお金は少なくなりますが、ざっくりとした説明をすれば上のような感じです。

 

では同じ1000万円の住宅ローンが残っていて、800万円でしか売却できないとどうなりますか?この場合全額を返済に充てても、まだ200万円残ります。自己資金で200万円用意できれば自己資金をプラスして売却は可能です。200万円ねん出できない場合、住宅ローンが残ってしまいます。

 

実はこのような住宅ローンが売却してもなお残ってしまう場合でも、方法はあります。それは住み替えローンを活用する方式です。住み替えローンとは、次に住宅購入のためのローンを組むにあたって住宅購入価格と残った200万円を合わせて借入できるサービスです。このように売却の方法はいろいろとあるので、専門家に相談してみてください。

イエウール<br />

今すぐイエウールで一括査定をしてもらう

イエウール公式ホームページへ