それぞれ異なる特徴があるので選択時に注意すべし

不動産を売却する場合、仲介という方法と買取という方法の2種類があります。いずれの方法で売却するかによって、価格などが左右されます。皆さんの不動産売却の目的に応じて、仲介がいいのか買取がいいのかを検討してください。

 

仲介は、不動産会社が売主である皆さんと物件購入を希望する買主の間に立ってもらう形を取ります。つまり皆さんの売り出したい物件情報をサイトや情報誌などに掲載して買主の募集をします。そして物件情報の紹介をして、売買契約までのサポートをする形です。

 

買取とは、不動産会社が買主になります。いったん不動産会社が物件を引き取って、例えばほかの物件購入したい人を募集して直接売買契約を交わす形になります。このように仲介か買取かによって、皆さんと不動産会社の関係性が変わります。

 

仲介の場合には、不動産会社に対して仲介手数料を支払わないといけません。しかし買取は買主自体が不動産会社になるので、仲介手数料を支払う必要はありません。仲介手数料は法律で価格は決まっていて、売却価格の3%に6万円をプラスしたものに消費税がかかります。

 

ただし買取の場合、不動産会社はまた別の人に売却するのが一般的です。そこで売却するためのコストも踏まえて、売却価格を決めます。このため、仲介と比較すると売却価格は少なくなってしまう恐れがあります。ただし売る先はすでに決まっているので、手続きにかかる期間は仲介よりも短くできます。
仲介か買取かを決めるときには、早く売りたいのか、少しでも高い価格で売りたいのかのいずれを重視するかで変わります。スピードであれば買取ですし、高い価格であれば仲介の方が適しています。

イエウール<br />

今すぐイエウールで一括査定をしてもらう

イエウール公式ホームページへ