基準となる価格を決めるために相場などをベースにする

不動産売却を考える場合、どれくらいの価格で売り出すべきかということを決めないといけません。基本的に価格をどうするかですが、簡単に言えば売主と買主が納得できる価格であれば何でも構いません。こういってしまうと簡単ですが、不動産売却を巡ってはさまざまな要素が絡みます。タイミングや売り方、さらには買主が見つかるかどうかは運任せの所もあります。

 

不動産売却をするためには、買主を見つけないとそもそも成り立ちません。そこで買主の見つかりやすい価格、妥当と思われる価格を設定した方がいいわけです。そこで不動産会社は物件の査定をして、どの程度の価格にすれば買主が見つかりやすいかを決めるわけです。

 

不動産査定をするにあたって、いろいろな方法があります。現在の所不動産業界で主流になっている方法は、取引事例比較法と呼ばれる方法です。取引事例比較法とは、過去に実際にあった不動産取引の事例と比較して当該の物件がどの程度の価格であれば売れそうかを判断する方法です。

 

たとえば似たような物件が近くのエリアで売却実績があったとします。その価格をベースにして売り出し価格を決めれば、買主の決まる可能性は高いです。特にマンションの部屋を売り出す場合、同じマンションの中で売却実績があれば、かなり参考になります。

 

その他には建物だけでなく、土地の価値に関しても査定する必要があります。土地の査定をする時には、路線価という平米当たりのその地域の単価をベースにして査定するケースもあります。そこに売主である皆さんの物件に関する思い入れや売却するにあたって、どの程度のお金を手にしたいかの希望を踏まえて価格を決めるわけです。

イエウール<br />

今すぐイエウールで一括査定をしてもらう

イエウール公式ホームページへ